東京女子医科大学心臓麻酔チーム Tokyo Women’s Medical University Cardiovascular Anesthesia Team: TCAT

東京女子医科大学心臓麻酔チームは、心臓外科治療の周術期管理の質の向上を目的に2005年1月に設立されました。
当院心臓外科の手術の麻酔管理を主に担当し、3次元経食道心エコーをはじめとする循環モニターを駆使して、冠動脈疾患、弁疾患、大血管、心筋症、先天性心疾患など多彩な疾患の管理を行っています。
発足以来、6年半の間に管理した症例数は4100例にのぼります。

このような環境のもとで麻酔科医を教育し、「周術期管理」のスペシャリストを育てることを私たちは目指しています。

東京女子医科大学心臓麻酔チーム
東京女子医科大学心臓麻酔チーム

心臓麻酔チームの概要

成人部門

当院では冠動脈疾患、弁疾患、大血管、心筋症など多彩な疾患の手術が行われており、年間約300例のうち約半数がステント治療を含む大血管、3割が弁疾患、1割が冠動脈疾患となっています。
また、重症心不全患者の治療にも力を入れており、左室補助人工心臓や心臓移植の件数も増えてきています。

私達はチーム医療を実践し、一貫した周術期管理を行うことで、心臓外科治療の周術期管理の質を向上に寄与することを目標としています。
術前、術中を通して心臓外科医や体外循環技士、看護師などとのコミュニケーションをしっかりとり、 ICUに麻酔科医を常駐させ術後管理に関与することで術後を見据えた術中管理を行っています。

小児部門

当院は国内有数の先天性心疾患治療施設であり、手術件数は姑息術・根治術をあわせて年間200例を超えます。
対象疾患も幅広く、新生児期の初回手術から成人に至った再手術まで様々な疾患を扱いますが、重症例が多くかつ他院で手術適応を危ぶまれるような適応限界に近い治療困難なケースにも数多く挑んでいることも大きな特徴といえます。
このため、麻酔管理では病態生理や術式に対する理解はもとより、個々の症例毎に長期的展望を見据えた治療戦略の理解が要求されますが、小児循環器医・小児心臓外科医との綿密な検討を通して、麻酔管理のみならず、先天性心疾患患児の治療を身につけることが可能です。

 また経食道心エコー(TEE)を応用し、手術評価・循環動態評価といった術中診断を麻酔科医が主導して行っていることも特筆すべき点です。
TEE研修をサポートする指導者も多く、豊富な症例、幅広い疾患を通して、小児領域においても基本的な心機能評価から複雑な手術評価に至るまで経験することが可能となっています。

 このように、当院は比較的一般的な先天性心疾患の麻酔管理の習得からエキスパートを目指す医師にまで対応できる数少ない施設の1つと自負しています。

研修システム

教育スタッフ

教育スタッフ

当院の心臓麻酔の教育スタッフは、心臓血管麻酔専門医(暫定認定)が7名、日本周術期経食道心エコー認定試験(JBPOT)合格者6名、 PTEeXAM(Examination of Special Competence in Perioperative Transesophageal Echocardiography, National board of echocardiography, USA)合格者5名と充実しており、さらにエコーの操作などをサポートしてくれる臨床検査技師2名を擁しています。

教育システム

心臓麻酔の研修としては、一般的な心臓手術の麻酔管理を行えるようになることを目標とするbasicコースと、特殊な心臓手術の麻酔管理を行うことができ、一般的な心臓手術の麻酔管理を指導できることを目標とするadvancedコースの二段構えとなっています。
Basicコースでは成人心臓麻酔を中心に、Advancedコースでは研修を受ける先生の希望によって、成人心臓麻酔だけでなく小児心臓麻酔や術後管理の研修を受けることができます。

Basicコース

Basicコースでは、研修期間を4ヶ月とし、一般的な心臓手術の麻酔管理を行える
力を身につける、一般的な疾病、病態生理、手術術式を
理解する、人工心肺の構造を理解する、経食道心エコーを麻酔管理に生かす、チーム医療を実践できる、といった点を目標としています。
冠動脈バイパス術や各弁膜症手術、腹部大動脈瘤などの症例を中心に担当していただき、心臓麻酔の基礎を学びます。
心臓麻酔のスキルは他の手術の麻酔に生かすことができます。

Basicコース
Basicコース

Advancedコース

Advancedコースでは研修期間を6ヶ月から12ヶ月とし、重症弁疾患、大血管手術、重症心不全や再手術症例、小児心臓麻酔など特殊な心臓手術の麻酔管理に必要な知識・技量を身につけることが目標となります。
また一般的な心臓麻酔管理の指導できるようになることも視野においています。
また、Advancedコースを終え、心臓麻酔をsubspecialityとすることを希望する先生には心臓麻酔チームに加わっていただき、心臓麻酔専門医を目指すことも可能です。

カンファレンス・学会など

毎週月曜日の朝に勉強会を行い、症例検討や知識のアップデートを行っており、研修医の先生方にも発表してもらっています。
また毎週木曜日の朝には心臓外科・体外循環・看護師・麻酔科医が一同に会して術前カンファレンスを行っている他、水曜日の朝には小児心臓外科とのカンファレンス、木曜日には循環器内科、心臓外科の手術検討会にも参加しています。
また各学会への参加や発表も可能です。また、近隣の慶應大学、東京医科大学とともに、心臓麻酔のカンファレンス(新宿心臓麻酔カンファレンス)を年に2~3回開いています。

カンファレンス・学会など
カンファレンス・学会など

心臓麻酔チームの歴史は浅く、まだまだこれからの部分も多々ありますが、心臓外科手術を受ける患者様の予後向上をめざして、奮闘する毎日です。

集合